再婚したい人へ - 新配偶者と子供の相続

男女共通 新配偶者と子供の相続問題

再婚前に女性も男性もチェックし事前に解決すべき共通事項に、前の配偶者との間にもうけた連れ子の相続の問題があります。再婚で新しく遺産相続権を持つ人ができる事となり、子供の相続額が半減する件を解決をしておく事をお勧めします。

再婚で新しく遺産相続権を持つ人ができて子供の相続額が半減する

男女共通記事

男女共通記事

再婚をする前に女性も男性もチェックして、可能な限り再婚前に解決すべき共通事項として、前の配偶者との間にもうけた連れ子の相続関係の問題があります。

 

再婚で相続できる財産が半分になる連れ子

 

再婚と遺産相続権

再婚と遺産相続権

再婚で、なぜ相続問題と思われるかもしれませんね。

 

連れ子と言っても以下の例えの様な場合に相続関係の問題が発生します。

 

例えば

 

自分 財産3000万円

 

子供A

 

子供B

 

この場合で子供AとBが再婚に反対するようなケースでは、その大多数の反対理由は、親が結婚する事によって、再婚相手に財産を奪われてしまうからです。

 

法律では相続権の放棄を、事前にする事は認められていません。

 

そして配偶者には財産の半分の法定相続分が認められています。

 

この場合、

 

配偶者に1500万円

 

子供2人に1500万円 ( 1人750万円 )

 

となります。

 

つまり、親が再婚さえしなければ、子供たちは1500万円づつ相続する事ができたのです。

 

遺言などで子供たちの理解を得ておく

 

親の再婚相手が、相続財産を目当にして結婚を考えてるとは思いたくないですが、子供たちにとっては見ず知らずの人がいきなり現れて、自分たちが相続するであろう財産を横取りしていくのですから、相続財産目当ての結婚だと思われるのも仕方の無い事なのかもしれませんね。

 

この場合の再婚相手の印象は最悪です。

 

最悪どころか子供たちからは詐欺師のように扱われるかもしれません。

 

こうなると幸せな再婚をする事が難しく成ります。

 

こういった事態にならないように、特に高齢になってから再婚を考える場合には、家族と十分に話し合い、事前に遺言などを作成しておき、子供たちの理解を得る事が必要となるでしょう。

 

前のページ 次のページ

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
再婚・婚活にお勧めのサービス 出会いにお勧めのサービス スマホで相手を検索し出会えるサービス

恋愛ネット powered by TrendLead