女性の再婚のデメリット - 前婚の恐怖心・初婚の経験・子供の扱い

女性の初婚・前婚の経験が再婚が妨げになるデメリット

女性向け記事

女性向け
記事

再婚に成功すれば女性は様々なメリットを得ることができますが、同時に再婚後の生活で起きうるデメリットの可能性についても心掛けておく必要があります。

 

 

前婚の経験からくる恐怖

恐怖心と初婚経験

恐怖心と初婚経験

前婚からくる恐怖は、再婚のデメリットにほかなりません。

 

浮気、借金、暴力、嫁姑問題、世間体…様々な恐怖が再婚に踏み出す事の妨げになります。

 

同じ事が起きるのではないかと言う恐怖心が再婚生活の敵となる事は間違いありません。

 

初婚の経験が邪魔をする

結婚生活を経験してる為に、既に気づいてしまった現実があります。

 

現実を知っているという事は、再婚生活の上でデメリットとなることがあります。

 

立場

女性は結婚生活が始まると、旦那さんの世話係を任されます。

 

全ての女性がそうではないでしょうが、食事の支度、掃除、洗濯などしなければなりません。

 

これを怠ると周りから「だらしない奥さん」と言うレッテルを貼られます。

 

一方、何も手伝わない旦那さんは「だらしない奥さん」を貰って可愛そうな旦那さんとして扱われるので、余計に腹が立ちます。

 

時間

夫婦共働きと言うのは、最近では当たり前の事ですね。

 

しかし女性には上記でも述べたように家事もちゃんとしなければなりません。

 

仕事を終え帰宅してから、更に家事という仕事をしなければなりません。

 

「疲れた」なんて言ってられません。

 

一方、何も手伝わない旦那さんは、仕事だと言い夜遅くまで帰ってきません。

 

酔っぱらって帰って来ることもあるし、休日は「疲れた」と言い何も手伝わないので、余計に腹が立ちます。

 

連れ子

再婚相手が連れ子も含めて愛してくれるような寛容な方なら問題はありません。

 

しかしそれでも養育費、虐待、実親との関係、氏、世間体などを考えると、どうしても足踏みしてしまう気持ちになることもあります。

 

そのネガティブな気持ちがデメリットとなることも有り得ます。

 

これら再婚のデメリットを跳ね返すための手段を次ページでご紹介します。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク