男性 - 戸籍から離婚のバツ・除籍を消し新しい奥さんを迎える

戸籍上から離婚を示す言葉の除籍を消し綺麗にする方法

男性向け記事

男性向け
記事

離婚するとバツがつくといいますが、バツがつくとは具体的にどういう事なのでしょうか?

 

 

戸籍を奇麗にして相手を迎える

戸籍から離婚歴を消す方法

戸籍から離婚歴を消す方法

離婚や死別をすると戸籍に大きく『X』がつけられた事から、バツがつくと言われます。

 

しかし現在の戸籍は大きく『X』が付けられた縦書きのものから、電子化により横書きになり、『X』ではなく『除籍』と言う文字が記入されるようになりました。

 

もう『X』は使われていないんですね。

 

『X』は使われていませんが代わりに『除籍』と言う形で戸籍に前の奥さんの情報が記されています ( 相手の戸籍に入ってた場合は別ですが ) 。

 

そして再婚すると新しい奥さんの名前は、前の奥さんの名前が残っている戸籍と同じ戸籍に記載される事に成ります。

 

普通の感覚なら、これはあまり好ましくないのではないでしょうか?

 

その後夫婦の間に子供ができた場合に、子供が戸籍を必要とした際に戸籍を見て「誰この人?」って事にもなりかねませんしね。

 

こういった事態を避ける為に、戸籍に記載されている『元妻の情報』と『除籍』の文字を無くしておく方法をお伝えします。

 

戸籍上の『除籍』の文字を消す方法

『除籍』を消すのは簡単です。

 

本籍地を変更する事により新しい戸籍を得る事ができます。

 

新しい戸籍には、元妻の名前も除籍の文字も入っていません。

 

但し、同じ役所の管轄区域内で本籍地を変更しても、『除籍』の文字は消えない事に注意して下さい。

 

きれいさっぱりした戸籍を作り、新しい奥さんを迎え入れてあげるのはエチケットと言えるかもしれません。

 

ただし、古い戸籍には依然として離婚の情報は記載されている事は忘れないで下さいね。

 

また本籍地を転々とする事にはデメリットがあります。

 

例えば相続関係を調べる為に、古い戸籍が必要に成る場合、全ての戸籍を調べる必要があります。

 

戸籍は本籍地で発行してもらわなければならないので、全ての戸籍を得るのには相当の費用と労力が係ることに成りますので注意して下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク