女性 - 離婚から6ヶ月間は結婚出来ない再婚禁止期間

生まれる子供の親の推定の混乱を防ぐための再婚禁止期間

女性向け記事

女性向け
記事

男性向けの「男性 / 戸籍から離婚のバツ・除籍を消し新しい奥さんを迎える」を読んで頂ければ理解できると思いますが、戸籍に記される離婚の事実は簡単に分からなくする事ができます。

 

 

女性の戸籍をキレイにする必要性

再婚禁止期間

再婚禁止期間

離婚し相手の戸籍から除籍した者は、元の戸籍に戻るか、筆頭者となり新しい戸籍を作るか、どちらか選べます。

 

女性の場合には、戸籍をわざわざ奇麗にする必要は余りありません。

 

なぜなら女性の場合は、相手方の戸籍に入る場合が多いからです。

 

相手の戸籍に入る場合、離婚歴が記載される事はありません。

 

そういった理由から、わざわざ戸籍を奇麗にする必要ではないのです。

 

もちろん相手を自己の戸籍に招きいれる場合には、戸籍は奇麗にしておいた方が良いでしょう。

 

女性は離婚後6カ月間は再婚できない

法律では、女性にだけ離婚後6ヶ月間は結婚できないとしています。

 

女性差別の様な法律ですが、この法律は、『離婚後6ヶ月以内に生まれてくるかもしれない子供を守ろう!』という趣旨です。

 

法律では次の二つの決まりがあります。

 

  1. 婚姻後200日後に生まれた子どもは、婚姻中の夫の子と推定する
  2. 離婚後300日以内に生まれた子どもは、離婚時の夫の子と推定する

 

つまり離婚後、女性が直ぐに結婚してしまうと、結婚より200日以上 - 離婚より300日以内の間に生まれた子どもが、前夫の子なのか現夫の子なのか推定できなくなります。

 

だから女性は離婚より6ヶ月間は結婚しないで下さいと決めているのですね。

 

DNA検査の進歩した現代では、ハッキリ言って『時代遅れな法律』ですが、今まだバッチリと活躍しています。

 

なお前の夫と復縁結婚する場合と、離婚後6ヶ月以内に出産してしまった場合には、父が誰なのかがハッキリするので、6ヶ月の条件は無く成ります。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク