女性 - 養子縁組すると元夫の養育費支払い義務はなくなる

再婚相手と子供との養子縁組で元夫から養育費が支払われなくなる

女性向け記事

女性向け
記事

女性が再婚する際、元夫から子供の養育費を毎月受け取っている場合には注意が必要です。

 

 

養子縁組で元夫の養育費を支払う義務がなくなる

養子縁組と養育費

養子縁組と養育費

再婚すると、貴女は再婚相手の戸籍に移ることになると思います。

 

しかし子供の戸籍は依然、貴女の戸籍のままです。

 

もちろん、このままでも問題はありませんが子供はどう思うでしょうか?

 

こう成らないよう一般的には、再婚相手と養子縁組するか、新しく戸籍を作り直すかして、一つの戸籍を作ります。

 

しかし、ここで落とし穴があります。

 

子供を養育しなければならないのは、親の義務です。

 

しかし、再婚相手と養子縁組または新しく戸籍を作ることにより、父親は元夫ではなく再婚相手となります。

 

つまり、元夫の養育費を支払う義務がなくなるという訳です。

 

実の子供なのに養育の義務が無くなる事はオカシク感じますが、法律ではこの様に決められてます。

 

子供の扶養義務は貴女と再婚相手になる

実の子供に対して養育費の支払いが免除されるなんて、納得できないでしょう。

 

自分はしっかりと育てているのに、相手には全く義務が無くなるなんて不公平に感じられるかもしれませんね。

 

しかし、再婚して養子縁組や新しい戸籍を作りった場合に、法律上の扶養義務があるのは貴女と再婚相手になります。

 

元夫が、自ら支払いたいと言う意思で養育費を継続的に支払ってくれる場合には問題はありませんが、貴女が貰えるものは貰っておこうという考えで、継続的に扶養義務の無く成った元夫から養育費の支払いをさせる事は法律に違反します。

 

納得いかないのなら、十分に元夫と話し合う必要があります。

 

若しくは、子供の戸籍を再婚後も移動すること無く、あなたの戸籍のままにしておけば、扶養義務があるのは、元夫と貴女に成るので、元夫から養育費を貰っても何ら問題はありません。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク