再婚したい人へ - 法規的な注意点

離婚・再婚の法規的な注意点

離婚と再婚の法規的な女性と男性への各注意点として、養子縁組と元夫の養育費支払い義務、女性の6か月再婚禁止期間、養育費は給料の半分まで差し押さえが可能、戸籍から離婚のバツ・除籍を消し新しい奥さんを迎える方法をご説明します。

離婚・再婚の法規的な注意点記事一覧

女性 - 養子縁組すると元夫の養育費支払い義務はなくなる


養子縁組と養育費支払い義務

女性が再婚する際で元夫から子供の養育費を受け取っている場合、再婚相手と養子縁組または新しく戸籍を作ると子供の父親は元夫ではなく再婚相手となり、元夫の養育費支払い義務がなくなり養育費を受け取れなくなりますので注意が必要です。

≫続きを読む

 

女性 - 離婚から6ヶ月間は結婚出来ない再婚禁止期間


離婚と再婚禁止期間

女性の場合、再婚し相手方の戸籍に入る場合が多いので戸籍を綺麗にする必要性は高くないと言えるでしょう。但し女性には、生まれる子供の親の推定の混乱を防ぐために、離婚から6ヶ月間は結婚出来ない再婚禁止期間が設けられています。

≫続きを読む

 

男性 - 養育費は給料の半分まで差し押さえる事が可能


養育費と給料の差し押さえ

結婚し離婚するまでに積み上げた財産は、夫婦共同財産として半分づつ分ける事になり、子供を育てる元妻に養育費を請求される可能性があります。養育費は前妻との間の子供の権利で、給料の半分まで差し押さえる事が可能となっています。

≫続きを読む

 

男性 - 戸籍から離婚のバツ・除籍を消し新しい奥さんを迎える


戸籍から離婚を消す

かつての戸籍では離婚や死別の際にXがつけられた事から、離婚をバツと言うようになりましたが、現在は除籍という言葉が使われています。戸籍上から離婚を示す言葉の除籍を消し、新しい奥さんを迎え入れるのは再婚のエチケットでしょう。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
再婚・婚活にお勧めのサービス 出会いにお勧めのサービス スマホで相手を検索し出会えるサービス

恋愛ネット powered by TrendLead