女性 - 再婚後は死別した夫の存在が感じれるものは捨て去る

再婚した夫にとって亡くなった元夫は戦う事の出来ない特等席の男性

女性向け記事

女性向け
記事

離婚と違い、夫と死別した場合に女性の名字は元の名字に戻りません。

 

もちろん、戻したいと思えば簡単に元の名字に戻す事はできます。

 

 

名字は元に戻らないが問題はない

死別した夫は特等席の男性

死別した夫は特等席の男性

結婚年数、生活環境、子供の有無など、色々な理由によって違うでしょうが、死別した場合には名字をそのまま使い続ける人は多いのではないでしょうか。

 

そして、男性は女性の名字が元夫の名字であっても気にしません

 

再婚してしまえば、現夫の名字を名乗ることに成るので、気にする必要ないですからね。

 

戸籍の注意もない

離婚と同様に、死別した場合も戸籍に相手方の情報が残ってます。

 

しかし再婚するうえで、相手方の戸籍に移動するのであれば、現在の戸籍に死別した旦那の情報があろうとなかろうと関係ありません。

 

死別した夫の面影

再婚相手が、死別した夫の存在を意識するかしないかと聞かれれば、意識するに決まってます。

 

離婚ならまだしも、死別と言うのは離婚と違い、相手と別れるつもりではなかったからです。

 

「本当はまだ、元夫の事を愛しているのではないだろうか?」と余計な事を考える人も少なくありません。

 

しかし男性にとっては、元夫が座っている特等席が永遠に不滅な様に思えるのも仕方の無い事だという事を理解しましょう。

 

元夫の存在が感じれるものは捨てる

辛いかも知れませんが、元夫の存在が感じれるものは捨てるようにして下さい。

 

男と言う生き物は嫉妬深い生き物です。

 

ましてや、戦う事の出来ない相手では尚更です。

 

あなたが再婚する上で、相手方の生活環境に移動する場合、元夫の存在を意識させるものを持って運ぶことは、相手を侮辱していることにも成りかねません。

 

自分の家に、奥さんが知らない男を連れこんでるのですから。

 

言い過ぎの様ですが、最悪、そう受け止められても仕方ないと考えて下さい。。

 

元夫との思い出は、あなたの心の中だけにしまっておいて下さい。

 

絶対に出してはなりません。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク