男女共通 - 全ての人の幸せを考え再婚のタイミングを見極める

死別した親の存在を完全に子供に分からなくする事は不可能

男女共通記事

男女共通記事

死別した夫、または妻との間に子供がいる場合、死別した夫や妻の存在を完全に子供に分からなくする事は不可能である事に注意をするべきです。

 

 

成人まで再婚は遅らせる

再婚のタイミング

再婚のタイミング

あなたがどんなに再婚相手のために繕うとも、子供には無理です。

 

子供の年齢にもよりますが、再婚するには適切な時期があります。

 

子供が、まだ物心つく前であれば問題ありませんが、子供が成長するにつれてて難しさは向上していきます。

 

そして子供が思春期にある場合には、子供が成人して親元を離れるまで再婚は遅らせた方が賢明かもしれません。

 

もちろんケース・バイ・ケースですが…

 

子供は実父母だけが家族だと思っている

思春期の子供は、実父母だけを家族と思っています。

 

そこへ再婚相手が入り込み、新しい家族だと言って生活を一緒に始める事は、子供にとっては苦痛で許せない事になるでしょう。

 

あなたに対して、死別した父母の事を裏切ったと思うかもしれません。

 

そして何よりも、再婚相手を完全に拒絶する可能性があります。

 

この場合、子供にとっては自分の家族を滅茶苦茶にする敵でしかないのですから。

 

子供が思春期の間に再婚相手を紹介する事も避けた方が良いかも知れません。

 

頭で理解しても感情が抑えられない

一度、敵対心を持つと、なかなか拭い去ることはできません。

 

頭で理解しても、行動や感情を抑える事ができないのが思春期の子供たちです。

 

あなたの幸せを願っていない訳ではありません。

 

だからこそ、感情をコントロールする事の出来るあなたが、子供の気持ちをもっと考えてあげる事が重要です。

 

あなたの幸せ、子供の幸せ、再婚相手の幸せ、全てが上手くいくようにタイミングを見極めましょう

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク