収入の低い者同士が再婚する場合の注意点と問題解決のヒント

理想の生活ができるかどうかがポイントの収入の低いもの同士の再婚

男女共通記事

男女共通記事

収入の低い者同士が再婚をする場合、再婚後の生活イメージについてよく話し合っておくことが必要です。

 

 

打ち切りになる児童扶養手当

条件が整ってから再婚生活を開始

条件が整ってから再婚生活を開始

実家とは別の場所で生活をしてきたシングルマザーやシングルファザーで、年収が0~300万円程度の人であれば、これまでは児童扶養手当を受給していたかと思います。

 

しかしながら、同棲や再婚をすれば、この手当は打ち切りとなり、関連して免除になっていた支払いも全て自分たちで払うことになります。

 

再婚後も世帯年収が300万円程度であれば、子供の人数によっては、これまでより生活が苦しくなるので、本当に再婚して良いかどうか、子供のことを考えながら決める必要があります。

 

再婚後の生活イメージ

再婚後には子供が欲しいと考えている人もいるかと思いますし、それぞれの両親の状況では介護でお金がかかることもあります。

 

再婚を考えなくてはいけないことが増え、経済的な負担も重くなるので、そのような結婚生活でうまくやっていけるかどうか、シミュレーションしましょう。

 

また、転職をするという選択肢もありますが、年齢を重ねるたびに転職の条件は悪くなるので、転職をするのであれば再婚する前にした方が良いかもしれません。

 

もし、すでに転職が難しい状況にあるなら、再婚後の住まいを公営住宅などにして出費を減らす工夫が必要ですので、婚約者同士という立場のうちに応募しておいて当選後に入籍するという方法も検討すると良いでしょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク