収入の高い女性が再婚する際の注意点と再婚前に決めておくこと

専業主夫にするか共働きにするか収入の高い女性との再婚と問題点

男女それぞれ

男女それぞれ

女性の収入が高い場合、女性の収入や忙しさによっても再婚後の生活イメージが変わります。

 

 

管理職や経営者の女性

家事や育児分担と男性の仕事の確認

家事や育児分担と
男性の仕事の確認

最近では女性であっても管理職に就く方が増えており、また、個人で会社を持っている人も少なくありません。

 

このような女性のなかには、多忙のために前回の結婚生活に終止符を打った人もいるので、再婚の際には、家族の時間の持ち方と家事や育児の分担が重要になります。

 

また、多くの家庭が、夫と妻であれば夫の方が社会的な立場や収入が上となっていますから、それが逆であることに耐えていけるかどうかも再婚できるかどうかのポイントとなります。

 

専業主夫の選択肢

妻と夫の収入格差の問題のほかに、夫が病気などで一時的に働けなくなり仕事を辞め家庭に入り、それをきっかけに専業主夫になった人もいます。

 

ただし、再婚時点において専業主夫を選ぶのは、よほど男性側が働く女性の姿を尊重していないと困難です。

 

男性でもひとり暮らし経験が長いと、家事は問題なくこなせるかと思いますが、子供がいる場合やこれから希望している場合には、女性の家事や育児の参加も必要となるかもしれません。

 

例え、家事や育児のすべてを全部ひとりで引き受ける予定の男性がいたとしても、万が一のときには、妻に手伝ってもらうのか、シッターやハウスキーパーに依頼するのかを決めておいた方が良いかと思います。

 

夫婦共働きの場合

再婚後、男性も女性も外でしっかり働くことを希望するのであれば、家事や育児の負担を減らすことを考えた方が良さそうです。

 

週に2~3日、ハウスキーパーに入ってもらうとか、子供がいれば思い切って実家を頼るのも良いかもしれません。

 

また、お互いに忙しいことを理由にすれ違わないために、夫婦の時間を持つためのルール作りをするか、同じ趣味を持つのもひとつの方法です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク