結婚経験のない男女が離婚経験者の再婚相手になる際の注意点

結婚前に固めたい離婚経験者の再婚相手になる覚悟と相手の地盤

男女それぞれ

男女それぞれ

初婚である人が離婚経験のある人と結婚をするのであれば、結婚前の調査といくつかの覚悟が必要になります。

 

 

離婚原因を調べる

離婚経験者との再婚の覚悟と相手の確認

離婚経験者との再婚の
覚悟と相手の確認

結婚を考えている相手のことを疑うことは困難かと思います。でも、それを怠った故に自分自身に離婚歴がつくこともあります。

 

自分の結婚相手の背景を知ることはけっして悪いことではありません。

 

結婚する相手の両親や兄弟とも結婚前からコミュニケーションを図り、結婚相手がどのような人物か知っておく必要があります。

 

実際、妻に暴力を振るったことが原因で離婚した男性が、彼女に対して妻に暴力を振るわれていたと嘘をついていたことがありましたが、男性の妹が彼女に対して事実を伝えたために、結婚に至る前に別れることができました。

 

また、思い切って調査会社(探偵事務所)に依頼するのも良いでしょう。

 

覚悟しておきたいこと

離婚歴のある人との結婚は、初婚同士の結婚とはまったく異なります。結婚に対するハードルを上げてしまいますが、一度、立ち止まって冷静になることも必要です。

 

前の妻や夫に勝とうとしない

男性も女性も意地やプライドがあるので、どうにか前妻や前夫に勝とうとしてしまいがちですが、過去に勝つことは困難なので、むしろ考えないことをお勧めします。

 

相手の両親に前の嫁と比較される

妻側の再婚であればほとんどこの問題は生じませんが、夫側の再婚の場合、舅や姑から前妻と比較されることもあります。前妻がどうであれ、本来は気にするようなことではありませんが、直せる部分は直し、あとは自分らしく対応していかないと結婚生活が辛くなります。

 

子供を引き取る可能性

親権者ではなくても、前妻や前夫との間に子供がいれば、子供を引き取る可能性もあります。主には、親権者の病気や死亡に関連してそのような事態になりますが、子供が成人してからでも、子供自身が心や体の病にかかることをきっかけとして、同居生活がスタートすることもあります。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク