20~30代の再婚での注意点・再婚後の家族の幸せも考える

重要人物は前の家族との子供・20~30代の再婚における注意点

男女それぞれ

男女それぞれ

再婚をするのであれば、20~30代のまだ若いうちの方がより多くのチャンスがあります。

 

ただし、若い世代であるからこそのリスクもあるので、注意が必要です。

 

 

新しい生活と妻の不安

前の家族との子供へのケアを充分に

前の家族との子供への
ケアを充分に

前妻との間に子供がいて、さらにその子供を育てているのが前妻であった場合、男性は新しい妻との間に子供を持つことを強く希望することがあります。

 

ただ、多くの女性が夫が前妻の子供のために支払う養育費や子供と夫が面会することに不安を抱いています。

 

この状態で、夫婦に間に子供を作ると、妻が直接前妻に連絡をして養育費の減額を求めるようなトラブルも生じてしまいます。

 

夫は子供を作る前に、妻と養育費や面会について話し合いましょう。また、妻も養育費で揉めなくてはいけないような経済状況を改善するためにも、出産後は働きに出るなどの工夫が必要です。

 

連れ子のいる暮らし

連れ子の年齢によって夫婦のあり方はだいぶ変わります。一般的に気を付けた方が良いと言われているのは、妻の連れ子が女の子でさらに小学生~高校生であるという状況です。

 

妻としては、夫を悪く思うことは困難かと思いますが、子供を守るために子供と夫を自宅で二人きりにするのは可能な限り避けましょう。

 

とくに中学生や高校生は、実父であっても関わりを避ける年頃です。

 

そして、夫婦の両方に連れ子がいる場合、子供との関わる時間の確保について注意が必要です。

 

夫と妻であれば妻の方が自宅にいる時間が長いかと思いますが、それによって夫の連れ子が居心地の悪さを感じることもあります。

 

子供たちの間において、精神的な不平等が生じないために工夫をしましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク