性生活 - 再婚相手に自分の性癖を知らせ相手の性癖も理解する

夫婦間で互いの性癖を理解する事は再婚後の性生活で重要

男性向け記事

男性向け
記事

「欲」と言うジャンルは、相手の本質を知るためのツールです。

 

中でも性欲は、それ自体を隠したいと考えるものですから、本質によく似ています。

 

 

誰もが持っている性癖

相手への理解が大切

相手への理解が大切

更に「性癖」なんて言えば、絶対他人に見られたくないと考える人も沢山いるのではないでしょうか?

 

性的な範疇に限らず、普通の生活においてもノーマルな人はいない、とされています。

 

程度の差はあるものの、誰もが自分だけの何かしらの好み、こだわり、癖などがあります。

 

性癖のない人間が大多数なら、なぜ成人向けビデオのジャンルは多種多様にあるのでしょうか?

 

性癖を再婚相手に打ち明ける

これは、男性だけでなく女性に対しても言える話です。

 

最近は少しづつですが、女性の「性」に対する考えがオープンに成ってきています。

 

これは男性よりも、収入や社会的地位を有する女性が増えてきたことにも関係があります。

 

「男たちよ、もうオープンにしても文句ないだろ?」と言うような、男気ならぬ女気のある考え方が社会に浸透してきたと思えます。

 

「性癖」を夫婦間で理解する事は、とても重要な事です。

 

お互いがお互いの秘密を暴露しあい、より密な関係になるという面でとても素晴らしい事と言えます。

 

夫婦間で性交渉が無くなる事態の予防に

再婚相手には是非性癖を知ってもらうべきだし、相手の性癖も理解するべきです。

 

夫婦の性生活での「性癖」の追求は、性交渉が無くなる予防にもつながります。

 

新しい事を常に見つける事により、マンネリ化を避ける事ができるからです。

 

本来、人間の性欲は死ぬまで尽きる事はありません。

 

老人介護の場面で、老人のヘルパーに対するセクハラ、痴呆症の方が強引に…などと言う社会問題が起きるのも、性欲は何歳に成っても尽きないという証明に成っています。

 

死ぬまで性欲はあるのに、夫婦間の性生活で交渉が無くなると言うのは、デメリットがあると言わざるを得ません。

 

ドキドキできる「性癖」を打ち明け、夫婦が共に楽しめる手段を共有し、幸せな日々を送りましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク