性行為 - 男性の揺さぶられた感情を抑える安定剤の役割

夫婦間の性行為はコミュニケーションツールであり感情を抑える安定剤

男性向け記事

男性向け
記事

性行為は夫婦にとって、とても重要なコミュニケーションツールで、それは再婚カップルでも同じです。

 

生まれたままの姿でのコミュニケーションですから、ある程度の隠し事なんて、直ぐに見破られてしまいますね。

 

 

最高のコミュニケーションツール

感情を抑える安定剤

感情を抑える安定剤

だって愛している相手じゃなきゃ出来ない事って沢山あるじゃないですか。

 

皆さんの中には、喧嘩した後の性行為が一番燃えるなんて言う人も結構いるのではないでしょうか?

 

感情が大きく揺さぶられている時の性行為は、恋愛を始めたばかりの時期に、大量に脳内に分泌されるセロトニンの刺激によく似ているからかもしれませんね。

 

怒りだけではありません、不安や悲しみが大きい時は、性行為によって、その大きな興奮を一時的に爆発させ、瞬時に抑えてくれる作用があるとされています。

 

これは動物学的に、類人猿に共通する事と指摘されています。

 

揺さぶられた感情を抑える安定剤の役割

特に男性には「賢者タイム」と言う、とても冷静な判断をする事ができる時間がありますよね。

 

性欲を発散した後に、全てがクリアーに見える賢者の様な、あの時間帯があるのは、何か意味があるのではないでしょうか?

 

私はこう考えます。

 

男性は感情的で力強く激しい生き物だが、それに耐えれるほど精神は強靭には作られていない

 

だから定期的に熱を下げさせる必要があるため、女性よりも性欲を強くし、容易に発散できるようにしする事で冷静さを取り戻させる。

 

長い結婚生活では、色々な事が起きます。

 

様々な出来事を乗り越える為に性行為は、夫婦間の最高のコミュニケーションツールであり、同時に揺さぶられた感情を抑えてくれる安定剤、安心を与えてくれるもの。

 

夫婦間の性行為はそれ程重要なものなのです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク