那覇で最後に出会った女性は神奈川県出身の海が大好きな38歳

2ヶ月の短期間で再婚のきっかけをつかむことができるかどうか

私は、サイトに掲載するプロフィールに、もうすぐ東京に戻る旨を掲載していませんでした。

 

従って沖縄で再婚相手を見つけるとなると、短期間のうちに仲良くなるしか方法がありません。

 

Dさんと会う約束を交わしたのは、東京に戻る予定の2ヶ月前。この期間で果たして恋が芽生えるのでしょうか。

 

 

ひとりで何でもできる活発女性と特技のない中高年SE

強い38歳の女性に魅かれる

強い38歳の女性に魅かれる

Dさんは、神奈川県にいる頃からスキューバダイビングが趣味で、会社員をやりながら全国各地や海外の至るところに潜っていたそうです。

 

33歳で会社を辞めて、単身沖縄に住み着いてダイビングのアルバイトをしていました。

 

そのようなアルバイトをしていたので、いろいろな恋はあったようですが、結局結婚には至らず。

 

同じ仕事をしている男性はほとんどが20代だそうで、さすがに38歳になった今では相手が見つかりそうもないと言っていました。

 

日焼けして健康的な若い男性ばかりに囲まれているのに、私のような色の白い運動不足な中高年とよく会ってくれたものだ、と思ってその事を尋ねてみると、いつも色の黒い人ばかり見ているから最近色白の人に魅力を感じるようになった、と面白い事を言っていました。

 

それにしても、知り合いのいない沖縄にひとりでやってきて、たくましく生きていたDさんはとても強くて魅力的でした。

 

これといって自慢できるものがない中高年の私と再婚してくれるような気はしませんでしたが、とりあえず初日の会話は盛り上がってその日は別れました。

 

確信はないものの2回目の約束を交わす事ができたDさん

会った際には、すぐに東京に戻る事は隠していましたが、Dさんがあまりに魅力的だったので本気でどうしようか考えました。

 

私に惚れてくれるという確信はなかったものの、仮にも出会い・婚活サイトを利用している人なので結婚願望はあるはずです。ひょっとして、という思いがありました。

 

もし本気になってしまったら短期間の間にプロポーズして一緒に東京に来てくれ、というべきか。そう言ってもDさんは沖縄生活を楽しんでいるので来てくれないかもしれない。

 

そうなると最初はプロポーズをしないで遠距離恋愛で頑張るしかないのか。など色々な方法が頭をよぎります。

 

などといろいろ考えてもDさんの気持ちがなければ意味がありません。少しでも仲を深めるために最短で2回目の会う約束を交わしました。

 

この時点で残り1ヶ月と2週間程度。刻一刻とタイムリミットが近づいて私の焦りと恋心が日に日に高まっていくのでした。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク