バツイチ女性だからこそ分かる男性の欠点と理想的な再婚の相手

お互いに共通点が多く何かと会話が弾む経験豊富なバツイチ女性

私は中高年といわれる年齢になっているので、基本的に若い女性との会話は盛り上がりません。

 

しかし同年代の女性であれば、メッセージのやりとりはとても気軽に友達感覚で入ることができます。

 

お互いに再婚希望であれば境遇も似ているので尚更です。

 

 

再婚の出会いを求める女性には境遇が似ているところをアピール

自分の弱さも伝え数人から返信ゲット

自分の弱さも伝え
数人から返信ゲット

バツイチ女性は、良くも悪くも男性の長所と短所の両方を知っているという特徴があります。

 

離婚した夫の欠点や行動がトラウマになって再婚に影響する人もいれば、その経験を生かして本当に自分が求めている男性を探せる女性もいらっしゃいます。

 

私のように良き再婚相手を求める男性としては、そのような経験豊富な女性に気に入られるような人格を形成し行動をしていくことが重要となります。

 

さすがに私もある程度の経験があるので、失敗や成功を糧にして新しい出会いに結びつけたいものです。

 

私が再婚相手を募集しているバツイチ女性にメッセージを送る際には、自分も同じような境遇だというのをアピールするようにしていました。

 

人間というのは、自分の立場に近い人に共感を覚える生き物なので効果は抜群でした。

 

自分の弱さも正直に伝えるようにして数人からの返信をゲット

ただ、同じような境遇というだけではアピールポイントが弱いので、相手がどのような経緯で今に至っているかをプロフィールを見て判断し、「この人なら前の人と違うかも」と思わせるようにしていました。

 

例えば私の場合、メッセージに「自分にはこんな短所もあった。でも直すように努力している。」といった反省の弁を混ぜるようにしていました。

 

自分の長所をアピールする事も大事ですが「わかっている女性」には、それだけでは信用してもらえません。

 

自分の弱さばかりアピールしてしまっては頼りない印象になってしまいますが、自分の長所と弱みをうまくミックスさせることによってバツイチ女性から好感を得ることができました。

 

そして返信メッセージが届いた女性の中から、自分と相性が良さそうな人を4人に絞って引き続きやり取りを続ける事にしました。

 

沖縄にきてから、ようやく本格的な出会いの機会が訪れたのでした。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク