比較的にのんびりとした性格が多い沖縄女性との出会いスタート

期待どおり東京よりも高かった沖縄在住女性のメッセージ返信率

沖縄に出向する前は東京に住んでいたので、東京近郊の女性を中心にメッセージを出していました。

 

その際の返信率は、ざっくばらんに5%から10%といった感じでしたが、沖縄限定で30代半ばから40代の女性に送ったところ、およそ20%程度の確率で返信をもらいました。

 

 

再婚希望の私でも返信がもらえるのは同じバツイチ女性

子持ちの女性の方が魅力的

子持ちの女性の方が魅力的

返信率が高いからといってそれが出会える確率に直接結びつくとは限りませんが、返信率イコール出会える確率と考えるのが常識的といえそうです。

 

ですので、20%の返信率は私のテンションを大きくあげる一因となりました。

 

ただ、私は無意識に「返信が期待できる女性」を選んでいたので、この高確率に繋がったという感はあります。

 

もし綺麗な女性ばかり選んでメッセージを送信していたとすれば、20%という高確率は絶対に無理でした。

 

40代の後半である私として返信が期待できるのは30代後半から50代まで。そうなるとバツイチの女性や子持ちの女性が多くなります。

 

しかし私もバツイチ。贅沢は言ってられません。

 

子供との相性さえ悪くなければ子持ちの女性は魅力的

私の印象では同じバツイチでも、子供と同居している女性の方が返信率が高い気がしました。

 

確かに男性側とすれば、その女性との相性に加えて「子供との相性」も良くなければ一緒に暮らすのは困難なので二の足を踏んでしまうのでしょう。

 

とはいえ逆に、その子供を自分の子のように思えるのであれば最高です。

 

年齢的に私も今から子供をつくって育てるのは不安があります。しかしある程度育っている子であれば、老後には独立してくれているはずですよね。

 

こんな事を書くのは不謹慎かもしれませんが、女性側としても自分の実の子なので養育費は自分で支払う覚悟ができていると予想できます。

 

私がもしそのような女性と再婚したとしても一銭も払わないというわけではありませんが、経済的なプレッシャーを感じる可能性は低くなります。

 

従って、よほど子供に嫌われない限り連れ子もいいかな、と思い始めた私なのでした。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク