沖縄在住の再婚相手を探すべく出会い・婚活サイトをやってみた

他の都道府県と比べると女性の男性に対する許容年齢が高い印象

私は主に2つの出会い・婚活サイトを利用していました。どちらも初婚・再婚にこだわっていないメジャーな出会いサイトです。

 

東京にいた頃は当然首都圏を中心に女性を検索していましたが、40代後半の男性でもOKという30代の女性は10人に1人といったところでした。

 

しかし沖縄の女性の場合、離婚率が高く再婚希望の女性が多い事もあり、30代の女性でも50代前半までOKという人が多数見られました。

 

絶対数は東京近郊には及びませんが、相対的に見ると私のようなバツイチ中高年でもチャンスがありそうな気がしました。

 

 

沖縄出身の女性が多いがひとりで移住してきた人もちらほら

沖縄の女性は男性の許容年齢が高い印象が

沖縄の女性は男性の
許容年齢が高い印象が

出会い・婚活サイトに登録していた女性のほとんどは生まれも育ちも沖縄といった感じでしたが、稀に内地(沖縄以外の日本の事を沖縄の人は「ないち」と呼んでいる)から移住してきた人もいました。

 

移住してきた人のほどんどは「海が好き」「ダイビングが趣味」といった沖縄マニアのような人でした。

 

私も沖縄は好きですが、ダイビングやらシュノーケリングやらのマリンスポーツをやっていなかったのが不利でした。

 

しかし、そもそも沖縄が好きで移住してきた人と仲良くなっても東京に帰って再婚するのは無理な気がします。

 

私が沖縄で仕事を続けられるなら、そういう人でもいいかもしれませんが、東京に帰る予定の私としては移住者はNGという事で落ち着きました。

 

プロフィールからなんとなくのんびりしてるのが伺える沖縄の女性

よく噂で「沖縄の人は時間にルーズだ」とか「歩くスピードが遅い」「安全運転」などという話を聞きますが、私の経験上、これは本当です。

 

時間に関しては、そもそもしっかりとした待ち合わせをしない人が多く「何時くらい」といったのが常識的でした。

 

そういう風習で育ったせいか、プロフィールを見てものんびりしている人が多く、ちゃきちゃき感をウリにしているような女性は皆無でした。

 

そんな「ゆるい」感じの女性が多いので、とりあえず会うだけなら会ってくれそうだな、と思ってメッセージを送ってみることに。

 

なるほど、やはり東京の女性と比べると圧倒的に返信率が良く手応え抜群でした。

 

がしかし「東京に帰る」旨を最初から伝えてしまっては相手に引かれる可能性が高いので、そこは伏せて「沖縄に転勤してきたシステムエンジニア」として出会い・婚活サイトでの再婚活動を始めた私でした。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク