独り身である自由さを生かすため夏休みの連休でストレスを発散

9月に取れる夏休みを利用して約1週間の沖縄ひとり旅行を計画

以前より、週末に軽く旅行をするなら九州に、ゴールデンウィークか夏休みなどの長期休暇を生かすなら沖縄に行こうと思っていたので、できるだけ早く夏休みの希望を申請してチケットを予約しました。

 

私の会社は夏休みを9月に取ることもできたので、9月の連休明けを狙って安く済ませました。

 

 

ひとりでゆっくりとストレスを発散するために静かな離島に

連休を取り沖縄の宮古島へ

連休を取り沖縄の宮古島へ

旅行の目的はとにかくリフレッシュすることだったので、メインは沖縄の本島ではなく離島です。とはいえ沖縄は初めてだったのでできるだけメジャーな島にしようと目的地を「宮古島」にしました。

 

宮古島は離島というには大きいですが、そこから伊良部島・池間島・来間島といった小さな島にも行けるのが魅力です。

 

その時は離婚をしてすっきりしていましたが、仲が悪い状態で同居していた時は仕事と家庭のダブルストレス状態で、精神的にもかなり参っていました。

 

既婚者なので気軽にひとり旅をすることもできずリフレッシュといえばスポーツクラブだけだったので、ひとりでのんびり離島に行けるのはまるで夢のようにも思えました。

 

長い間独身状態が続くとひとり旅というのを、どのように感じるのかは分かりませんが、独りになりたくてもなれなかった私としては自分へのご褒美のようでした。

 

まるで恋人と旅行に行くかのように旅行パンフレットを集め、日ごとの観光予定などを立てました。

 

独身の自由を噛みしめながらひとり旅の計画を練る

再婚活動をすっかり忘れて沖縄旅行の計画を立てる私。普段から見ていた出会い・婚活サイトを見る機会も多少減っていました。これはこれで良い気分転換になっていたようです。

 

宮古島に行くには直航便と那覇経由の2種類の方法がありますが、いかんせん離婚で経済的に余裕がないので、いちばん安く済むLCCを使った那覇ルートです。

 

7泊8日のうち2泊3日は那覇に泊まって沖縄観光、残りは宮古島と周りの島の観光と決めました。

 

別れた元妻と旅行に行くときには、これほどウキウキした記憶はありません。仲が悪くなってからも長い間一緒にいたことが相当なストレスになっていたようです。

 

こんなに独りが楽しいのならいっそ一生独身でもいいかも、とも思った旅行前でした。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク