離婚から半年が経ち1人の楽しみ方を発見して再婚活動一時中断

OFFの時間と休日は好きな場所に行けるという久しぶりの経験

今までは飲み屋に行くときは人の目を気にする事が多かったのですが、離婚でそれもなくなり、週末は気が向いたら泊りがけで遠出をする事も可能になりました。

 

また、今までひとり旅というのに興味はなかったのですが、これを機に色々な場所に行ってみようと思うようになりました。

 

 

有給を使って今まで行けなかったひとり旅に行ってみることに

独り身を活用し一人旅を楽しむ

独り身を活用し一人旅を楽しむ

元妻と仲が悪くなってからは旅行というものを考えなくなっていたので知らなかったのですが、格安航空会社(LCC)を使うと片道1万円以内で北海道や九州・沖縄に行けると知り、今まで使わなかった有給をできるだけ使って旅行する事にしました。

 

私は寒いより暑い方が好きなので、北海道ではなく九州地方や沖縄を中心にひとり旅をしてみることに。沖縄は一週間以上かけて楽しみたいのでゴールデンウィークや夏休みなどの長期休暇を使用することにし、まずは2泊3日で鹿児島旅行に行きました。

 

九州はJRを中心として電車の工夫やサービスがとても充実しています。1日乗り放題の切符を買って、鹿児島・宮崎・大分などを特急列車を駆使して楽しみました。

 

特急列車の一部にはキャビンアテンダントさんも乗車していたので、ちょっとした出会いもあって刺激的でした。

 

再婚のことばかり考えると気が重くなったりしますが、知らない土地に行って色々な駅を見たりお弁当を食べたりしていると、独身である事が幸せに感じることもありました。

 

好きなお店に行けるひとり旅の醍醐味を満喫

ひとり旅なので、昼間は自由に観光し、夜は自分の行きたい店に行く事ができます。仲さえよければ夫婦で旅行をするのも楽しいですが、どこにでも行けるのもいいものです。

 

私は今までに経験のなかった自由な時間を満喫していました。

 

とくに、夜はいちばん独身を満喫できる時間です。鹿児島の夜の繁華街は自分が思っていたよりも賑やかで、料金が東京よりも安いので存分に楽しむ事ができました。

 

離婚をして傷心旅行をしている、といった話も良いネタになった気がします。

 

再婚活動をしたいという気持ちは強くありますが、少しのあいだ独身を楽しんでみようと強く思うようになりました。

 

ただそれでも寂しい気持ちはあるので、出会い・婚活サイトで女性を検索することは続けていた私でした。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク