離婚の理由と再婚相手を探しながら意味もなく浪費していく日々

家にいるのを避けたい週末はスポーツクラブで朝早くから過ごす

平日はお互いに仕事があるので、顔を合わせずに済みますが、週末はそうもいきません。

 

元妻が外出してくれれば私は家にいる事ができるのですが、彼女は出不精で昼まで寝て、起きてからも家でダラダラ過ごすのが習慣でした。

 

少しでも顔を合わせたくない私はほぼ1日中スポーツクラブで過ごし、夜は1人でファミレスに行くのが週末の習慣になっていました。

 

 

いっその事はっきりと浮気をしてくれれば離婚しやすいのだが

飲み歩く妻にますます魅力のなさを感じる

飲み歩く妻にますます
魅力のなさを感じる

元妻は毎晩のように夜中まで飲んで帰り、金曜日は朝帰りの繰り返し。普通の夫であれば怒ったり気になったりするところでしょうが、離婚寸前の夫だった私にとってはただ夜中に起こされるのが腹立たしいだけでした。

 

浮気をしているのかどうかは不明でしたが、私としては浮気をしていても咎めたり慰謝料を請求したりしないから、それならそれで離婚しようじゃないかという心中でした。

 

そうはいっても直接言う事もできませんし、元妻もまさか浮気をしていることを白状するわけもありません。

 

しかも、毎晩飲み歩いて週末は寝るだけ、という元妻に対して私は、ますます魅力のなさを感じるようになりました。「早く離婚を切り出したい」という気持ちがどんどん高まりますが、なかなかきっかけがつかめません。

 

友達が少ない私はスポーツクラブだけがストレス発散の場所

隣の駅の近くにあるスポーツクラブは、私にとって唯一嫌なことを忘れられる場所でした。しかも会員の女性は、少なくとも毎晩飲み歩くような女性ではありません。

 

体や心を少しでも良くしようとしている前向きな女性がほとんどです。見ているだけでも癒されました。

 

離婚が決まって再婚の相手を本格的に探せる状況になったら、普段から運動をしている女性がいいなと思い始めたのがこの頃です。

 

一緒にお酒を飲んでくれる女性も魅力ですが、普段から運動などの努力を続けている人なら少しは尊敬できそうです。

 

男女関係なく、仕事以外の時間に自分を高める努力をしている人は魅力的です。また、それが相手を尊敬できる理由にもなります。

 

日々何かに向かって努力をする事は、夫婦生活を持続させるのにも大きな力を発揮するといえそうですね。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク