再婚活における持家と賃貸のメリット・デメリットとその対策

再婚活で気を付けたい現在の住まいの問題と結婚後の住まいの問題

男女それぞれ

男女それぞれ

婚活パーティーの中には、持家の男性だけが参加できるパーティーもありますが、一般的には持家と賃貸とのどちらが再婚活に有利かというのは、地域性もあることから判断が難しいところです。

 

 

男性の住まいと再婚活

住まいの問題をクリアにして再婚活

住まいの問題を
クリアにして再婚活

男性も女性も賃貸であれば、再婚後には新しい家に移り住むという方法が多くなっています。

 

気軽に引越しをできるという点では、住まいが賃貸であることはマイナスにはなりませんが、一般的に新しい住まいの契約者は男性となるので、連帯保証人を頼める人がいなかったり前年度の収入が低かったりするときには、再婚後の住まい探しが難航します。

 

また、持家は財産としての評価は高い傾向にありますが、住宅ローンがある場合には、再婚における不安材料となります。

 

とくに、持家での新生活が不可能である場合には、売却を考える必要もあるので、再婚活前に家の問題をどのように解決するのかを考えておくと良いでしょう。

 

女性の住まいと再婚活

最近は女性でも住宅ローンを組むことができるので、自分自身のためにマンションを購入した人や自分と両親のために戸建てを購入した人もいます。

 

女性が持家で、男性が賃貸の場合には、再婚後に男性が女性の家で暮らし始めるというケースも少なくはありません。

 

とくに女性がシングルマザーである場合には、子供の負担を考えて、引越しをしない傾向にあります。

 

女性が持家のケースで問題になりやすいのは、住宅ローンの返済です。

 

再婚をきっかけに専業主婦になったり、子供を授かったりすることもあるため住宅ローンの名義をどうするのか、支払いをどうするのかということをクリアにしておく必要があります。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク