高年収も安心できない再婚活でアピールしにくい年収とその対策

年収による再婚活の場でのアピール方法とイベントの賢い選び方

男女それぞれ

男女それぞれ

再婚活をするうえで、双方の年収はとても大切です。

 

もちろん、片方の収入がゼロであれば、専業主婦や専業主夫という道もありますが、残念ながら、収入がゼロの方が子育てや家事に向いているかといえば、そのようなこともありません。

 

短時間で相手と再婚できるかどうかを見極めるのであれば、ある程度の収入は必要になります。

 

 

男性の年収と再婚活

再婚活での年収の受け取られ方

再婚活での年収の
受け取られ方

ひとことに再婚活といっても、若い世代の人もいれば中年の方もいますし、地方に住んでいる人も首都圏に住んでいる人もいます。

 

このことから単純に再婚活に有利な年収や不利な年収を割り出すことは困難ですが、300万円程度や1000万円以上であると女性から躊躇されがちです。

 

年収証明の提出が必須であるイベントや結婚相談所では、例え年収が1000万円以上であっても、その数字の信憑性は高いと考えられますが、多くのマッチングサイトや婚活パーティーでは年収は自己申告制です。

 

このことから、例え本当に年収が1000万円以上でも女性に疑われてしまうことがあります。

 

逆に、年収300万程度やそれ以下の場合には、その数字を疑われることは低いと思いますが「再婚しても苦労しそうだ」と女性が感じてしまう恐れがあるので、例えば、年収は低くても貯えがあるとか、持家であるとか、別の面でアピールすると良いでしょう。

 

女性の年収と再婚活

女性は男性ほど厳しく年収では判断されませんが、それでもシングルマザーの人が無職であれば、男性としては不安になりますし、共働きを希望する男性も多いので、年収200万程度はあった方が有利です。

 

また、首都圏で開催される再婚活パーティーでは年収400万円程度の男性が多いため、女性の年収が500万以上である場合には、男性の年収の下限が自分の年収より高く設定されているパーティーに参加した方が効率よく再婚活を進めることができます。

 

下限設定がないと、意中の男性より女性の方が高い年収になってしまうこともあり、カップルになれる率が低くなるからです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク