女性 - 再婚後に子供が欲しいなら迷わず子供をもうける

男性が子供を欲する理由はそれぞれで欲しがらない男性もいる

女性向け記事

女性向け
記事

女性にとって出産とはとても大きな意味があるようですね。

 

女性として生まれたならば、経験しておきたいという感情なのでしょうか。

 

 

子供が欲しいなら

子供が欲しいなら迷わない

子供が欲しいなら迷わない

動物学的に女性は本能として、また無条件で子供を産みたいと考える人が大多数とされています、

 

男である私には想像ができない未知の感覚です。

 

しかし一度経験しているのであれば、再婚相手との間にも子供を欲しいと感じるものなのでしょうか?

 

夫婦の間で子供ができれば、夫婦と言う絆だけでなく、家族と言う切り離す事の出来ない絆ができます。

 

この絆を求めるのでしたら連れ子がいたとしても、子供を作ることは問題ないでしょう。

 

男性とのギャップ

私の結婚相談員の経験から言うと、多くの男性が親を安心させてあげる為に子供が欲しいと考えるようです。

 

女性が子供が欲しいと考える理由とは、全く別物の感覚ですね。

 

そして本能的に子供が欲しいと思う女性とは対照的に、多くの男性が子供は欲しくないと考えてる事にも注目する必要があります。

 

これは男性は子供が欲しいと思う感覚を陵駕する程、子供を授かる事にリスクがあると感じるのが原因です。

 

金銭、時間、それだけで無く、家族の絆さえもリスクだと感じる男性がいるという事を女性は理解しておく必要があるようですね。

 

男性はそれ程、子供に執着していない様です。

 

それでも子供が欲しい

それでも多くの男性が自分の子供が欲しいと思ってます。

 

親に見せたい、自分の分身が欲しい、血の繋がった子供が欲しい…

 

こう言った場合には迷わず子供を作りましょう。

 

連れ子の存在は子供を作らない理由にはなりません。

 

再婚相手が欲しいと望のであれば作るべきです。

 

もちろん子供を作ることで、再婚相手が我が子の事ばかり可愛がるかもしれません。

 

連れ子よりも、血の繋がった我が子が可愛いと感じるのは仕方の無い事だと割り切るしかありませんね。

 

貴女にできる事は、連れ子が寂しがらないようにしっかりと愛情を注いであげる事です。

 

貴女の愛情だけで連れ子は立派に育ちます。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク