女性 - 再婚相手への尊敬心と連れ子への愛情をしっかりと持つ

再婚相手への尊敬心を持ち連れ子に最大限の配慮をし愛情を注ぐ

女性向け記事

女性向け
記事

再婚する際、連れ子と一緒に生活する事を再婚相手が了承したとしても、子供はどう考えているのでしょう?

 

 

子供の気持ち

相手への尊敬心と子供への愛情

相手への尊敬心と
子供への愛情

特に生活環境を再婚相手の所に移す場合には、注意が必要です。

 

物心つく前の子供ならば問題ないかもしれませんが、自分の家ならば遠慮なんてしなかったのに新しい家、しかも再婚相手の家という事で遠慮する子供も沢山いるでしょう。

 

なんでも自由にできた環境から不自由な環境に移る事、再婚相手と生活を共にしなければならない事、様々な理由から子供はストレスを感じ家に帰りたくないと思うかもしれません。

 

貯めこんだストレスを発散する場所を無くして、問題行動に移るかもしれません。

 

最大限に配慮してあげる事が必要となるでしょう。

 

そして連れ子が思春期を迎えている場合には、難しい問題が更に難しく成ります。

 

再婚相手との子供

再婚相手との間に子供ができる事もあると思います。

 

再婚相手が連れ子の事を愛してくれるかどうか、ただでさえ悩ましいのに、再婚相手との間に子供ができたら尚更です。

 

再婚相手との間に子供ができた場合、再婚相手がどんなに連れ子に良くしてくれても、本当の我が子の方がかわいく見える事はしかたの無い事で悩む必要なんてありません、これが現実です。

 

再婚相手の連れ子に対する愛情を求めるのではなく、良くしてくれる再婚相手を尊敬し、そして連れ子には貴女が十分に愛情を注いであげましょう。

 

もちろん再婚相手から連れ子に対して本当の愛情が注がれる事も沢山あります。

 

『再婚相手に対する尊敬心』と『連れ子への愛情』を貴方がしっかりと持つ事ができればきっとうまくいくはずです。

 

養子縁組

連れ子の立場をどうするかを決める必要があります。

 

再婚する事により貴女の名字が変わったからと言って、連れ子の名字も自動的に変わるわけではありません。

 

名字を変更するのであれば養子縁組をするなどして名字を変える必要があります。

 

ただし養子縁組をしてしまうと前夫の連れ子に対する第一順位の扶養義務は再婚相手に移る事になります。

 

つまり前夫から養育費が支払われなくなるという事です。

 

この様な観点からも養子縁組については慎重に考えましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク