自分の連れ子と再婚相手との間の子供

自分の連れ子と再婚相手との間の子供 記事一覧

尊敬心と連れ子への愛情
女性 - 再婚相手への尊敬心と連れ子への愛情をしっかりと持つ

女性向け記事再婚する際、連れ子と一緒に生活する事を再婚相手が了承したとしても、子供はどう考えているのでしょう?子供の気持ち相手への尊敬心と子供への愛情特に生活環境を再婚相手の所に移す場合には、注意が必要です。物心つく前の子供ならば問題ないかもしれませんが、自分の家ならば遠慮なんてしなかったのに新しい家、しかも再婚相手の家という事で遠慮する子供も沢山いるでしょう。なんでも自由にできた環境から不自由な...

続きを読む
迷わず子供をもうける
女性 - 再婚後に子供が欲しいなら迷わず子供をもうける

女性向け記事女性にとって出産とはとても大きな意味があるようですね。女性として生まれたならば、経験しておきたいという感情なのでしょうか。子供が欲しいなら子供が欲しいなら迷わない動物学的に女性は本能として、また無条件で子供を産みたいと考える人が大多数とされています、男である私には想像ができない未知の感覚です。しかし一度経験しているのであれば、再婚相手との間にも子供を欲しいと感じるものなのでしょうか?夫...

続きを読む
自分の子供を愛してもらう
女性 - 子への愛情を見せる・自分の子供を再婚相手に愛してもらう

女性向け記事再婚してから貴女と再婚相手が、どの様な立場で生活を始めるのか、子供の立場にもとても重要な要素の一つとなります。子供の養育費等の負担について話し合う子供への愛情をみせる再婚相手が生活費や貴女の子供の養育費等の全てを負担するのであれば、貴女がいくら家事を頑張ったとしても子供の立場は弱くなると思いませんか?そんな風に思わない男性も沢山いるでしょうが、再婚生活を始める上で、貴女と再婚相手がどの...

続きを読む
周囲から反対される
女性 - 連れ子などが原因で両親や周囲から再婚を反対される

女性向け記事当事者同士で結婚を考えても、貴女が再婚というだけで貴女の周囲だけでなく、男性側の周囲からも反対される場合があります。ましてや貴女に連れ子がいる場合、相手方の周囲からの反対は、かなりのものに成ることが想定されます。貴女、がどんなに頑張っても、相手側の周囲をどうにかできるわけではありません。貴女が大切に思う人と十分に話し合い、貴女達がこれからどうしていくのかをじっくりと考える必要があります...

続きを読む
思春期の子供と話し合う
男性 - 再婚タイミングを考え思春期の子供とはよく話し合う

男性向け記事男性が再婚を考える際、自分の子供の事を考えると行動になかなか移せなくなります。何を一番に考える?タイミングを考え子供とよく話し合う特に思春期の子供がいる場合には再婚に踏み出すどころか、踏み出すことを全力で阻止されてしまう場合もあります。子供を取るか、それとも再婚相手を取るか、究極の選択をワザワザする必要はありません。時期を考えて行動すれば良いのです。タイミングについては、こちらの「男女...

続きを読む
再婚相手との子供
男性 - 再婚相手との間に子供ができれば絆が自分に戻ってくる

男性向け記事連れ子がいるから、再婚相手との間に子供を作るかどうかで悩まれる男性も少なくありません。連れ子が嫌がるから、再婚相手との間に子供を作るのはやめようと考えているようです。悩む必要はない再婚相手との間の子供では、再婚相手は子供は欲しくないのでしょうか?連れ子が、あなたが再婚相手との間に子供を作らないのは連れ子の為、つまり自分の為だと知ったらどう思うでしょうか?そして再婚相手は、連れ子が原因で...

続きを読む
自然体で接する
男性 - 自然体で接する・自分の子供を再婚相手に愛してもらう

男性向け記事わが子が再婚相手を受け入れない、再婚相手がわが子を受け入れない…家庭内で、わが子と再婚相手の関係がギクシャクしているのは、苦痛でしょうがないでしょう。子供と再婚相手が繋がる時間を十分に設けるのが役目お互いの受け入れが大切あなたと再婚相手の相性が良いからと言って、わが子との相性までもが良いというわけではありません。結局は本人同士がどのように接し合い、お互いを受け入れるかにかかっています。...

続きを読む
時間を掛ける
男性 - 子供が再婚相手を受け入れられるように時間を掛ける

男性向け記事連れ子の人数、性別、そして性格で、様々に状況は変わってきます。子供の人数あなたの連れ子が2人、3人と増えると更に再婚問題は複雑になります。実の親子だって子供の全員を平等に愛しているつもりでも、子供たちは少なからず不平等を感じているものです。ましてや再婚相手には連れ子に対して平等に接する事はとても難しいのも事実、再婚相手だって自分を受け入れてくれる連れ子の方が可愛く思えます。もちろん不平...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク